hirohiro diary

18歳男性が行くフランス修行

フランスでおきた悲劇🇫🇷

 

今回は僕が実際に体験した悲劇を記事にしようと思います。

これは初日に泊まるホテルに向かう途中おきたことなのですが、フランスの地下鉄(メトロ)の切符の買い方がわからなかった僕は券売機の前で購入に手こずっていました。すると、後ろから来た男性が「どこに行きたいの?」と聞いてきて、僕はGoogleマップで目的地の駅(3つくらい先の駅)を見せました。

男性は「d’accord !(了解!)」と言い僕の代わりに切符を買ってくれました!なんて優しい人なんだろうと思いながら何円したか聞くと、

「10ユーロ」

「え?そんな高いはずない。たったの3駅なのに?」と思いながらそんなフランス語は話せなかったので渋々渡しました。。さらにそこから

「チップ代も、あともう10ユーロ」

「え?そんなとるの?」と思いながらも、少し怖かったので全く抵抗もせずに渡してしまいました。。(笑)たった3駅に行くのに約2000円。高すぎですよね。ただその時は旅の疲れもあり、両手に計30キロのキャリーバックがあり、一刻もはやくホテルに着きたかったのでもう乗れたらいいやと思いその場を離れました。後々考えてみれば、ぼったくられすぎですよね。本当は1.5ユーロで乗れたのに。(笑)今回は優しいと思った方に騙されました😢😢

 

他にもエッフェル塔に行った時に起きたことなのですが、エッフェル塔の圧巻さに見惚れていると突然全く知らない男性が近づきながら、

「ohhhh,heyhey your nice hair style!」と英語で話しかけられ、どこから来たの?観光?など色々聞かれました。「なんだろう」と思っていると、

「あなたの絵を描きたい。ヘアスタイルが好みだから描かせて」と言われました。僕からすれば、え??って感じですよね。(笑)厄介ごとに関わりたくなかったので断ると「5分だけでいいから!」そこまで言われるとまぁいいかなと思って描いてもらうことに。

5分後…

絵を渡され「はい、10ユーロ。描いてやったんだからお金払って」と。やられました完全に。

これがフランス流なんだなぁと思い、5分で書いてもらった絵に1000円も払えるわけもなく500円で、と言うとなんとかまけてもらいました。書いて欲しいと頼んだわけでもないのに。。ですが、さりげなく気に入って今は待ち受けにしています。(笑)

f:id:hirohiros:20190528001331j:image

※どの話も作り話に聞こえるかもしれませんが実話です。

 

まぁこれも今となっては笑い話に変わります。

フランスにいる時はこういった人生の笑い話になることをたくさん経験したいです。