hirohiros diary

18歳男性が行くフランス修行

京都の名店!中国料理「伯楽家常菜」🍽

 

こんにちは。

季節は秋、食欲の秋になってきましたね!

 

今回はとあるレストランを紹介したいと思います。

 

そのレストランは、中国料理「伯楽家常菜」。

 

f:id:hirohiros:20191022200725j:plain

 

2010年10月10日にオープン。現在は北野白梅町に位置している中国料理レストラン。

金閣寺などの世界遺産も近くにあり、中国出身のシェフが家族で経営する心温まる名店。

レストランの由来は、

「伯楽」=中国では才能を見抜き引き出せる人。いわゆる名人。

「家常菜」=家庭料理

つまり、名人が創る家庭料理です。

これはもう美味しくないわけがありませんよね!(笑)

 

2015年から京都の中華料理店としては初のミシュランのビブグルマン部門に掲載されました。もちろん2019年現在の今もです!

 

f:id:hirohiros:20191022205149j:plain



1階は4人席×5、カウンターが6席。

2階は団体様専用になっており、10人席の円卓×3あるので団体様の予約も可能です。

 

ここからはこのレストランのおすすめメニューを紹介したいと思います。

 

f:id:hirohiros:20191022210531j:plain

蒸し魚の香味和え。

蒸し魚とネギ香る特製ソースで体がほっこりする優しい味付け。

残ったソースだけでも白米3杯はいけます🙆‍♂️

 

f:id:hirohiros:20191022211724j:plain

黒牛肉の黒胡椒炒め。

僕が一番大好きな一品。これはとにかく皆さんに食べてほしいです。オイスターソースと黒胡椒をメインに味付けしたソースとお肉の相性は抜群です。

 

f:id:hirohiros:20191022211732j:plain

中国野菜の三種炒め。 

 中国野菜を使ったヘルシーな一品。

 

f:id:hirohiros:20191022211755j:plain

 京都牛と九条ネギ炒め。

地元の食材を使った料理もあります。

 

 

 

 

コース料理ももちろん充実しております。

3800円、5800円、10000円のコースから選べます。

 

 

さて、薄々気づいている方もおられるかもしれませんがなぜ僕がこんなに詳しいかというと実はこのレストラン僕の実家です。。😄

このレストランの料理を食べて育ちました。このレストランのおかげで料理人を目指すきっかけができました。このレストランのおかげでたくさんの人との繋がりができました。

 

僕の思い出のつまったレストランです。

 

味は保証します。本当に絶品です!

 

京都にいらした時は是非寄ってみてはいかがでしょうか。

 

f:id:hirohiros:20191022205336j:plain

素敵な写真ですね。😊

 

では今回はこの辺りで失礼します。