hirohiros diary

20歳無職というパワワードを手に入れた男の雑多ブログ

死ぬまでには見たいオーロラを求め北欧ノルウェーへ!~in Tromsø(トロムソ)~

 

こんにちは。

 

さて、前回の記事を読んでいただいた方はご存知だと思いますが約1年間のフランスでのレストラン修行が終えた僕は、まだ帰国せずヨーロッパ観光をしました。

前回の記事はこちらから。 

www.hirohiros.com

 

というのもせっかくヨーロッパにいたので、ビザの有効期間の1ヶ月前にレストランを辞め残りの1ヶ月はヨーロッパを観光するつもりでいました。

まだこのときは今ほど新型コロナウイルスがひどい状態ではなかったので、行きたい国の航空券やホテルなどを早い段階で予約をしていたのですがそのおかげで後に痛い目に合いました。😓

 

 

そのことはさておき、1カ国目は北欧ノルウェーに行ってきましたぁぁ!

僕は死ぬまでにはオーロラを自分の目で見たいと思っており、ヨーロッパ観光が決まったときは真っ先にオーロラを見に行こうと決めていました。

 

ノルウェー の中でもよく見えると言われているTromsø(トロムソ)へ。ノルウェーの公用語はノルウェー語ですが、英語教育が発達しているらしく世界でも4番目に話せる国だとか。確かに全くノルウェー語がわからない僕ですがほとんど英語で伝わりました。

 

パリからノルウェーの首都オスロへ約2時間。そこからさらに北へ2時間でトロムソに着きました。

格安航空会社LCCで約2万円でいけました。

f:id:hirohiros:20200319163321p:plain

 

まさか僕が地球のこんなにも北の方に行くなんて思ってもいませんでした。もう北極は目と鼻の先です。なんだか自分がこんなところにいると考えただけでテンションが上がってしまいます。(笑)

 

f:id:hirohiros:20200319224144j:plain

 

飛行機は運よく窓際でこの景色を目にしたときはウキウキが止まりませんでした!

 

ノルウェーに着いてから痛感したことは物価が高すぎたことです。北欧は高いよなんてよく聞きますが改めて自分が足を運んでみて実感しました。

500㎖のコーラが約350円ぐらいしていました。尚、水もこれくらいの値段でした。(笑)幸いにも日本と同様水道水は飲める国だったのでホテルの水を常に持ち歩いていました。

 

あとは寒すぎたことです。。❄️

完璧に舐めていました。フランスより少し寒いのかなくらいの気分で行ったのですが全く違いました。(笑)

ですが金銭的にも少ししか滞在しないノルウェーのために服や靴は買えません。RPGを初期装備でクリアする気分で旅していました(笑)

 

f:id:hirohiros:20200319231056j:plain

 

歩いてるとなぜか寒中水泳をしている人が。。

なんだ。寒くねーじゃん。とお思いの皆様。彼女が凄いだけです。。

氷点下10度とかの世界で風も強いです。僕は鼻水を垂らしながら撮影していました。🥶

 

 

ここからはトロムソの街を。

f:id:hirohiros:20200319231753j:plain

 

f:id:hirohiros:20200319231807j:plain

 山の方にあるロープウェイを登って行くとこんな感じで街全体を見渡せます。

f:id:hirohiros:20200319231819j:plain

これは夜。

雪が結構降っていたので綺麗に撮れませんでした。

f:id:hirohiros:20200319232141j:plain

f:id:hirohiros:20200319232417j:plain

ですが晴れていると本当に綺麗です!!

 

 

そして最後にオーロラなのですが、結果から言うと見れませんでした。本当に残念です。。

 

天気予報を見た所、自力では見れそうになかったので、最終日にはツアーにも参加したのですが、それでも見れませんでした。ツアーだとオーロラを追ってバスで移動してくれます。今回はフィンランドとの国境まで行きました。

f:id:hirohiros:20200320185807j:image

 

f:id:hirohiros:20200320012744j:plain

 

肉眼よりカメラの方がはっきり映るらしいのですが、全くと言っていいほど見れなかったです。

いつの日か必ずリベンジしたいと思います!!

本当に素敵な都市でした。

f:id:hirohiros:20200320190150j:image

 ※僕が撮ったわけではありません

 

 

いかがでしたか。

次回はロンドン編でお会いしましょう! 

 

今回はこの辺りで失礼します。

 

ではでは!